親子

使用頻度の少ないベビーベットはレンタル|赤ちゃんに優しい商品

赤ちゃんにあったものを

哺乳瓶

特徴を知って選ぶこと

哺乳瓶は赤ちゃんにとって重要なアイテムで、母乳で育てている人でも何かの際に必要になることがあり、用意をしておくはずです。しかしながらメーカーによって様々な形の哺乳瓶が出ていて、どういったものを選べばいいのか分からなくなってしまうこともあります。しかもはじめて母親になる場合、赤ちゃんを育てるのも必死であって、哺乳瓶の選び方など分からないはずです。そのため、可能であれば哺乳瓶は、一度に2本違った形のものを購入しておくとよいでしょう。赤ちゃんが飲みにくそうなものを使い続けないよう、哺乳瓶におけるセカンドオピニオンを購入しておきましょう。赤ちゃんによっては違和感があると吸い付かなくなってしまうので、母乳の飲みはよくとも、ミルクになった時に飲まなくなってしまう、そういった時は哺乳瓶が原因であることが考えられるのです。そのため、母親の乳首の形に近いかどうかも、意識しながら買うことが大切です。哺乳瓶を母親の乳に似せることで、ミルクの吸い付きも違ってくるでしょう。

扱いやすいものを

赤ちゃんにとって大切な哺乳瓶ですが、ただ飲みやすい、好みの吸い口であるというだけではなく、衛生面も重要なポイントになってきます。ミルクを作る時のお湯は煮沸して冷まして使うなど衛生に関して神経質になる必要が出てきて、この時に哺乳瓶に関しても注意しなければいけません。この時に大切なのは洗いやすいものであることで、凝ったデザインのものは見た目は可愛らしいですが、赤ちゃんにとって大きすぎるあまり適しているとは言えません。赤ちゃんの大きさも考え、ちょうどいいサイズ感のものを探すとよいでしょう。