親子

使用頻度の少ないベビーベットはレンタル|赤ちゃんに優しい商品

乳児の肌荒れを防ぐ方法

ベイビー

日頃から肌の手入れをする

赤ちゃんの肌は潤っており乾燥しにくいとイメージしている人が多いですが、実際には皮膚が薄いため水分を保持する機能が弱いです。そのため赤ちゃんの肌は適切に手入れしてあげないと、すぐに乾燥して肌荒れの原因になります。大人の肌は角質層が発達しており、そこに水分を溜め込む事ができるため、長時間に渡って潤いのある肌を維持する事ができます。ですが赤ちゃんの肌は角質層が未発達なので、肌の水分が簡単に失われ乾燥する事が多いです。肌が乾燥した状態が長く続くと、皮膚炎や湿疹の症状を引きお越し、弱った肌からウイルスが侵入して風邪や病気の原因に繋がります。そのため赤ちゃんの肌を乾燥させないように、日頃から肌の手入れを行って乾燥から守るようにします。

保湿する事が大切

赤ちゃんの肌を乾燥から守る方法は色々ありますが、最も重要な事は肌を保湿する事です。保湿する方法としてはベビーローションを使う事が一般的で、多くの製品が販売されているため、誰でも使いやすいです。ベビーローションは乾燥が気になる時に簡単に使う事ができるため、肌荒れの対策として役立ちます。ベビーローションよりも、しっかり保湿するにはベビーオイルを使用する事が好ましいです。ベビーオイルは一日に一回使う事で、長時間に渡って肌の水分を保持する事ができるためメリットが大きいです。また部屋が乾燥しやすい季節には、加湿器を使用して部屋の湿度を高めて、赤ちゃんの肌荒れを守ってあげます。乾燥している季節には、肌の露出が多いと肌荒れの原因になるため、露出の少ない服装にします。