親子

使用頻度の少ないベビーベットはレンタル|赤ちゃんに優しい商品

乳児は肌のバリアが弱い

お母さんと赤ちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんは、生後1ヶ月ぐらいすると顔に赤いボツボツが出たり、身体に湿疹が出ることがあります。これを乳児湿疹といいますが、たいていは1ヶ月ぐらいで自然に消えます。ただしきちんとケアをしないとアトピー性皮膚炎になってしまうので注意が必要です。生まれたばかりの乳児は肌のバリア機能が弱いので乳児湿疹になりやすいのですが、基本的にはアトピー性皮膚炎と同じものなのです。ですから適切なケアをしないと本当のアトピー性皮膚炎になります。対策としては部屋を乾燥させないことが大事で、エアコンを使う時も加湿器を併用します。部屋を暖めすぎると痒みが出るので、その点も要注意です。そして入浴時には赤ちゃんに優しい無添加のベピーソープを使用します。

乳児湿疹の特徴として、赤ちゃん自身が肌を掻いてしまって傷になるケースが多いことです。傷が膿んで汁が出てきたりカサカサになって悪化することがあるので、しっかりケアすることです。ケアの仕方が悪いと傷跡が残ってしまうこともあります。また赤ちゃんの場合、よだれや身体の汗を拭く時にタオルで傷つけてしまうのも特徴の1つです。目の粗いタオルなどは使わないで、ガーゼに水を含ませるなどの方法で優しく拭くようにします。乳児湿疹の特徴としてオムツかぶれがあります。こまめに交換してあげることが大事です。交換する時にお尻拭きで丁寧に汚れを拭き取るか、ぬるま湯で洗うなどして清潔を保つことです。入浴の時などもゴシゴシ洗わないで、優しく洗うように心がけます。